設立段階における個人事業主と法人の違いの比較

  1. HOME>
  2. 設立段階における個人事業主と法人の違いの比較

独立開業をされる場合に、個人事業の形態と会社などの法人の形態で独立する方法とがあります
 個人事業主で独立開業する場合と、法人形態で独立開業する場合とでは具体的にはどのような違いがあるのでしょうか
 以下では個人事業主と法人の違いについて比較をしていきます
 まず個人事業主と法人の違いは開業手続きについて、違いが生じます
 個人事業主の場合には、税務署に対して、個人事業の開廃業等届出書を提出する必要があります
 この個人事業の開廃業等届出書の提出期限は、事業を開始されてから1ヶ月以内となります
 他にも人を雇用する場合には、給与支払事務所の開設届を提出するなどの手続きも必要となりますが、総じて個人事業形態での開業の手続きは簡便なものとなっています
また費用もほとんどかかりません
  他方、会社などの法人形態で開業される場合には、法人の設立の手続きが必要となります
典型的なものとしましては株式会社の設立手続きなどがあります

この法人を設立する手続きは、法律の規定に従って、適法な手順を踏んで行う必要があるため、手間がかかります
 特に行政の認定が必要なNPO法人などの団体を作られる場合には、設立まで数ヶ月を要する場合もあります
 また、役所に納める手数料、登録免許税がかかりますし、行政書士などの団体設立の専門家へ依頼された場合には報酬も必要となります
 このように個人事業主と法人の違いは、設立の手続き時点においてすでに顕著にあらわれます
 では、この個人事業主と法人の違いをふまえて、一般的にどちらの形態でスタートされるのが良いのでしょうか
 結論としては、事業内容や開業時点の資金などによるため個人事業主が良いか法人形態が良いかを一概に言うことはできません
 ただ、例えば、士業や大工さんなど個人の技能が重要である業種は個人事業で開始されても差し支えがないと考えられます
他方、物流や広告代理店など、マンパワーが必要となる業種では法人形態にして多くの人を雇用することがおすすめできるといえます
 さらに教育など特定事業を行われる場合にはNPOなどの検討もおすすめできます