起業前の様々な準備活動

  1. HOME>
  2. 起業前の様々な準備活動

起業は一世一代の大勝負となります
大きな夢を実現されるためには、起業前の綿密な準備がとても重要となります
 起業前の準備活動としては、主に以下のような点にご留意されることが大切です
 まず、ご自身の中でたった一人で社会の中で活動されていく覚悟をお持ちになることが起業前の準備活動の第一歩です
 起業をされるとその日から一国一城の主となりますが、裏を返せばあらゆる経済的、社会的、法律的責任がご自身の上にのしかかってくるということになります
そして、事業活動上生じた利益も損失もあらゆる結果は自己責任となります
 起業前にあらゆる結果の責任はご自身が負担されることになるということを肝に命じられることが起業のスタートです
 ただし、成功すればその利益を受けるのもすべてご自身の力によるものです
 次に、具体的な起業前準備として、家族の理解を得るということが必要です
 起業されれば予想もしなかった様々な問題が生じ得ます

そのような場合に最後まで協力してくれる運命共同体が家族です
その家族の理解を得ることが起業される上では必要不可欠です
   家族の理解が得られましたら、事業計画と資金計画を立てます
どのような業種で起業されて、事業資金はどのように捻出するのかという点について具体的に書面に落とし込んで作成をしましょう
 特に事業資金についての計画は可能な限り厳しく計画されるべきです
起業後は意外な出費が多い反面、安定した取引先が出来るまでは収入が不安定となります
極端なケースでは、半年程度は無収入ということもありえます
 資金は事業資金と生活費も含めて半年程度の資金は用意されることがおすすめです
なお、事業資金についてある程度の自己資金としっかりとした事業計画があれば、国民生活金融公庫や信用保証協会付き融資など創業者向けの融資制度の利用をご検討されるのも1つの有効な手段です
 最後に、会社設立や許認可などの法務手続きをおこないます
この点は行政書士などの専門家へ依頼すればスムーズに手続気を進めることが可能です