起業のアドバイスは専門家に依頼してみよう

  1. HOME>
  2. 起業のアドバイスは専門家に依頼してみよう

新会社法が施行されてから数年間というもの、起業する人が増えています
新会社法は、会社経営に柔軟性をもたらし、起業家がより会社をよりつくりやすく、かつ、経営をしやすい状況の変えた点では大きなメリットがあります
また、新会社法では経営の柔軟性だけでなく、会社経営の機動性や健全性の確保も目的としています
新しいアイディアを実現するために起業しようにも、少々敷居が高かったこれまでの会社の設立においては、現在では新会社法の下でとても簡単に起業ができるようになっています
とはいえ起業を行う場合には、その流れや揃えなければならないものがたくさんあります
そこで、スムーズに会社を作るためには、やはり専門家にアドバイスをもらった方がよいでしょう
起業の場合に出てくる専門家といえば、通常は、行政書士と司法書士です
しかし、どちらにアドバイスを求めてよいかが分からないかもしれません
そこで、両者の違いについて言及しておきましょう

行政書士は、役所に提出する許認可などの申請書類を作成してくれたり、また、提出手続きを代行してくれたりします
会社設立にあたっては、許認可に関するものや、認証にかんするもの、定款の作成、そのほか役所に提出する書類や手続きなどのアドバイスを受けることが可能です
他方、司法書士では、不動産登記、商業登記、裁判事務などの法律的手続きを行います
会社設立に関していえば、主として商業登記に関連することになるでしょう
法務局での登記に関連した書類内容などをアドバイスしてくれます
このように、行政書士では、会社に関連した許認可業務を担当し、他方、司法書士では、会社の登記関連を担当します
したがって、起業にあたって、行政書士を選んでも、登記の書類作成まではアドバイスをしてくれても、それ以上、すなわち、法務局に実際に足を運んで会社の登記を行ってくれる代行業務をすることは法律上できません
ですから、できれば両方の名前がかかげられているところに行くと一回で事が済んで便利です