起業にあたって考慮すること

  1. HOME>
  2. 起業にあたって考慮すること

起業に求められることは、資金、事業計画、人材、会計知識、法律知識、税金の知識などがあげられます
まず、資金については、単に起業の手続きに必要な資金だけでなく、オフィスを構えたり、半年間程度の運転資金や、最初から従業員を雇う場合はそのコストなど、具体的な事業計画に沿って変わってきます
人材についても、最初は自分一人で事業を始めるとして、どの段階で人を雇うのかをあらかじめ予測しておかなければいけません
事業の進行をシミュレートして、どのような人材がどの段階で必要になるのかも計画に盛り込むべきです
会計知識や法律、税金の知識については、専門家を雇うにしても、経営者が最低限の知識を身に着けておく必要があります
起業してから同時進行で身につけるという方法もありますが、事前に身に着けておいたほうが当然より効率的な事業計画を建てることが可能になります
これまでに起業経験があれば、最低限の知識が身についているため、事業を起こすのが2度め3度めとなるほどより効率的に行えるようになります

以上のことを考慮して詳細な事業計画をたてれば、必要となる資金計画も自ずと定まりますので、企業に必要となる資金をどのように調達するのかの計画を立てる必要があります
金融機関からの融資であれば、返済計画が必要になりますし、投資家に資本参加してもらう場合は、事業の魅力をアピールして投資を呼び込む必要があります
また事業の節目節目で追加の資金調達も必要になってきますので、事業計画の進行に応じてどの段階で資本増強を行うのかも事前にシミュレートして、短期、中期、長期の計画を立案しなければなりません
事業を起こすというのはスタート地点に立つことに過ぎませんので、事前にどれだけ計画を詳細に建てても、ほとんどの場合そのとおりに物事は進みません
詳細な計画を立てただけで満足してしまわないように注意して、実際の進行に応じて柔軟に計画を見なおしていく必要があります
また、臨機応変にかじを切ることこそ会社を経営することの醍醐味とも言えます