様々な起業コストと削減方法について

  1. HOME>
  2. 様々な起業コストと削減方法について

起業には夢があります
ご自身の力量と才覚で世の中に一石を投じることに夢を馳せる方は非常に多くおられると思われます
 しかし、実際に起業をされると夢の実現の前に様々な現実が立ちふさがってきます
 そして起業された場合の最大のネックは起業にかかる費用、起業コストです
つまり起業をするためには先立つものとしてお金がかかるということです
 起業コストとしてかかるものとしては具体的には以下のようなものがあります
 まず、設備資金として事務所の賃貸料がかかります
事務所としてどのような物件を賃貸するかは業種や場所によって様々となりますが、東京都内で雑居ビルを借りるとすれば、坪相場として2万円から4万円くらいがかかります
 仮に、自宅開業が可能な業種であれば自宅で開業されれば事務所の賃料はかかりません
またインキュベーションオフィスを利用するのも起業コストを削減する非常に有効な方法です
 このようにまず事務所賃料というコストがかかります

次に、備品としてパソコン、電話、FAX、コピー機、机イスは必須と言えます
 また応接用のソファーや金庫、ロッカーなども必要に応じて用意する必要があります
 これらは知人から譲り受けたり、インターネットオークションなどで買いそろえれば比較的安くそろえることができます
起業当初は様々な費用がかかりますので、特にこだわりがない限り新品ではなく、知人からの譲り受け品や中古品でそろえることが企業コスト削減のためおすすめできます
 さらに、法律手続のための費用がかかります
 個人事業主としてスタートされる場合には、税務署へ事業開始届を提出するだけで済むため費用はかかりません
 しかし、会社形態でスタートされる場合には、会社設立手続きの費用がかかります
株式会社を設立される場合には、ご自身で申請されても少なくとも21万円程度の費用がかかります
行政書士など専門家へ依頼する場合にはさらに10万円程度のひようがかかります
 このように起業にあたっては様々な起業コストがかかりますので、資金繰り計画は綿密に立てることがおすすめできます