起業資金の集め方のいろいろ

  1. HOME>
  2. 起業資金の集め方のいろいろ

独立開業を決意され、起業をされる場合には起業資金が必要となります
どのような事業であっても起業にはお金がかかります
そのため、起業のための資金をどのように集めるかは非常に重要な問題となります
 まず、ご自身が起業のためにコツコツ貯められた貯金が何よりの起業資金です
貯金は自己資金であり返済が不要なお金ですので、可能な限り多い方が起業後の資金繰りが楽になります
 しかし、貯金だけでは起業資金として十分ではないという場合の方が多々あります
その場合には他人資本、つまり借り入れを行い起業資金を用意するという方法がありえます
 起業資金を借り入れる場合に、まず知人や親、親戚からの借り入れをすることが考えられます
 親しい知人や親、親戚からであれば、これまでの信頼によって比較的容易に起業資金の融資を頼むことができる場合が多くあります
 しかし、仮に資金繰りがうまくいかなくなってしまった場合には人間関係に大きな悪影響を生じさせてしまいます

次に考えられる起業資金の借入先としては、政府系金融機関が考えられます
政府系金融機関では、国などが創業支援のための融資を行っていますので、起業される場合には利用の余地は非常に大きいといえます
なお、一般の地方銀行などでは創業の際の借り入れは事実上不可能です
 政府系金融機関としては、国民政策金融公庫、信用保証協会付き融資などがあります
これらの政府系金融機関は事業計画に十分な説得力がなければ融資はしてもらえません
また、風俗営業など一定の事業では利用することができないという制限もあります
 政府系金融機関は、創業計画が現実的なものであるか審査してもらえるという点で、ご自身の事業計画を客観的に見ることができるという副次的なメリットもあります
また、金利も非常に低く設定されています
 創業に当たっての借り入れは政府系金融機関は強くおすすめできます
 起業後は多くの資金がかかります
事前に現実的な事業計画を十分に立てて資金繰りが現実的なものかどうかを慎重に検討されることが重要です