起業家となるために

  1. HOME>
  2. 起業家となるために

起業したいけど、迷っている人は多いと思います。ビジネスモデルも検討したけれど、起業への一歩を踏み切れない方へ読んで頂けれたらと思います。まず会社員も、起業も、それぞれメリット・デメリットがあります。会社員は上司も部下も、そして仕事内容も選ぶことができません。また会社の方針や上司の命令には、従わなければなりませんし、仕事量や実力と見合わない給料をもらうこともあります。しかし、反対に出社をして業務をこなしていれば、自然と仕事が発生するでしょう。また働けば必ず毎月お金がもらえます。

それが当たり前と感じてしまいがちですが、会社員だからこそのメリットです。収入が安定しているということは自分にとっても家族にとっても安心ですし、クレジットやローンの際には非常に信用を得られやすいです。福利厚生がしっかりしていれば、もし病気になっても給与補償や社会保険によってお金に悩むことはあまりありません。この安定した生活が、起業・独立したとたんになくなるのですから相応の覚悟が必要となります。しかし起業をすれば、自分の思ままに、自由に、働くことができます。勤務時間や勤務場の拘束もありません。自分の理想の環境下で、仕事をすることが可能となります。

自分の夢や目標に向かって自由に働けるということは、モチベーションを高める事ができますし、やりがいを感じることもできます。また事業が軌道に乗れば、サラリーマン時代とは比べものにならない収入ややりがい、地位が手に入るでしょう。その分、すべて自分が責任を追わなければなりません。自由であることはその分、責任が大きいということなのです。また仕事は自ら見つけなくては行けません。仕事がなければ暇を持て余す他、収入が入ってこないことを意味します。とはいえ、起業する前にしっかりとビジネスプランを練り、集客と利益を得る方法を出しておくことで、リスクはある程度回避できるでしょう。大事なのは起業を決意すること。何をやるかを決め、どうやって成功させるかです。慎重に、でも前向きに取り組んで最善の答えを見つけましょう。