起業する人には何が必要か

  1. HOME>
  2. 起業する人には何が必要か

将来は自分で会社を興したいと思っている人にとって、何が必要なのかをアドバイスします
まず前提として、なぜ自分は起業したいのかを真剣に考えることが重要になります
お金のためなのか、家族のためなのか、好きな仕事をやるためなのか、動機は色々とあるでしょうが、それを明確に持っているのと持っていないのとでは起業のモチベーションが全然違ってきます
単なる憧れや現実逃避的な考えでは、せっかく起業しても挫折してしまうのです
明確な目的があれば、多少の辛いことでも絶えてやっていけることができ、その努力が成功へ繋がっていくのです
ですから、まず自分は何のために起業するのかについて真剣に問い直してみて下さい
次に考えるべきは、自分のスキルについてです
これまでの経歴によって自分にはそれなりのスキルが身についている筈です
そのスキルを最大限に生かすことのできる業種について起業するのが、最も成功への早道になるのです

もし自分にスキルが身についていないとしたら、多分起業しない方がいいのです
そういう人は少し時間をおいて、将来自分で興そうという業種に関するスキルをコツコツと築き上げて、そこから一歩踏み出すようにした方が確実です
いよいよ起業に向けて動き出そうという時に真っ先にしなければならないのが、事業計画書の作成です
初めから完璧な事業計画書を書ける人はいませんから、試行錯誤で作ってみましょう
そこには、自分が何をしたいのか、自分には何ができるのか、社会が求めていることは何か、の三つを含めた計画書でなければなりません
そして書いてみるだけでなく、実際にリサーチするなど動いてみることが大切なのです
こうして出来上がった事業計画書はこれからの指針となるものなので、必ず作成して下さい
最後に一番大事な資金の問題があります
銀行などの金融機関に借入をするわけですが、その時にこの事業計画書が審査を通るかどうかの鍵になるのです