起業を目的とした就職活動

  1. HOME>
  2. 起業を目的とした就職活動

最近学生の、これは高卒者、大卒者どちらにも当てはまりますが就職率の悪化がマスコミ等で盛んに取り上げられています
どこか日本の教育は、そもそもが会社に務めることを前提に行われているところがあります
以前に比べれば比較的起業の話題も多くはなってきましたが、まだまだ主流は学校を卒業したら会社勤めであり、この風習はなかなか根強いものです
したがって、就職活動に苦戦している学生たちに、そんなに就職口がないんだったら、自分で起業してみてはどうかなどというアドバイスは滅多に聞くものではありません
しかしながら、今後についてはこのような起業を念頭にいれた就職活動というのも一つの選択しとして必要になってくることでしょう
学生は学校で何を学び、そして将来自分がどのようになっていたいかを日々の中で考える必要性や重要生がますます問われる世の中に突入します
これにより今までの就職活動に対する意識が変わることになるでしょう

例えば人は何を持って働く場所を選定するのでしょうかという問いに対して、お金のためだったり自分の興味だったり、人それぞれ様々な理由があります
しかしながら、大概この理由はかなり近い将来のことしかカバーしていないことが多いのです
お金のためだったならば、将来もっと効果的にお金が稼げる方法がないのか、興味があるビジネスであるならばそれをサラリーマンとして続けて行きたいことなのか、今一歩前に考えることが必要になります
もし起業を念頭にいれた就職であるならばそれは学習のための就職に置き換わるのです
そして時期的なプランもある程度デザインできるのであれば、雇用形態は極端な話ですがさほど重要ではなくなります
また起業を意識した就職であるならば、職務意識も学ばなければならない思いから非常に高く保つことができるのです
以前はよい大学に入学し燃え尽き、今が良い会社に入社できたことで燃え尽きの兆候が見られます
これからは常に10年後の自分を常に意識して行動することが求められます