法人化のメリットについて

  1. HOME>
  2. 法人化のメリットについて

ご自身で事業を営まれる場合には、個人事業主として経営していく方法と株式会社などに法人化して経営していく方法との二つの方法があります
法人とは、法律上、人として取り扱われる存在であり、権利義務の主体となる観念的な存在をいいます
 事業をされる場合に個人事業主として経営されることには、開業や税金の手続きが簡易であることや個人の信用がそのまま事業の信用となるというメリットがあります
  しかし、その一方で、組織として成長していくことが難しかったり事業場生じた負債が全て個人の負債となってしまうなどのデメリットがあります
また、新規の取引相手などにとっては、かえって信用が得にくくなるというデメリットがあります
 他方、事業を法人化、主に会社化した場合には個人事業主にはない以下のようなメリットがあります
 まず、税制上の優遇措置が充実しています
会社にすれば利益が増えても様々な節税対策を施すことで納める税金が少なくて済みます

次に、法律制度上最も大きなメリットとして、法人化することによって事業上の負債について個人責任を負うことは原則としてないというメリットがあります
 会社などの法人とその中で業務執行をする役員とは、法律上は全く別の人格として扱われます
そのため、会社が負債を負ったとしても、それはあくまで会社の負債であり個人財産について責任追及されることは原則としてありません
  このような制度を間接有限責任といい、株式会社と合同会社において貫かれている原則です
この責任の範囲について限定的である点は個人事業主にはない、法人化の非常に大きなメリットであるといえます
 さらに、法人は登記等されて公の帳簿に役員や本店所在地、資本金の額、事業目的などが記載されるため、一般的に社会的信用を得やすいというメリットがあります
社会的信用の高さから、新規開拓などがしやすくなります
 このように法人化には個人事業主にはないメリットが数多くあります
 これから起業される方や既に個人事業主としてスタートされた方であっても、会社などの法人化はぜひ1度ご検討されることをおすすめします